Can't live with him, Can't live without him

エイトの話をする雑食オタクのブログ…だけど最近ボイメンやばい

72時間テレビの話

ちょっと大げさなタイトルをつけてしまったけど、タイトル詐欺です。めっちゃ記事の内容のんき。何か月ぶりかの更新がこれでいいのか…?

事件が起こったのは先週日曜の昼下がり。そのさらに前日である11月4日は聖学院大学で行われる学祭にボイメンが呼ばれたとのことでボイメンライブに行き、特典会で推しの顔の良さにメッタメタに殺され(顔が良すぎて日本語が喋れない)、オタクとトリキで会合し、1年でこんな喋り倒した日なかったわーと思うくらい大ハッスルした最高の1日でした。

でも引きこもり体力なしオタクなので現場の翌日である先週日曜は半日近く寝ていました。そして二度寝から起きてツイッターを開いたところ目に飛び込んできたのがこれ。

 

さすがにあまりの出来事で何が起こったか分からなかった。

ツイッターでつっちー(右側)とゆうひくん(左側)で何か披露宴の仕事があるというツイートは見たんだけど、寝ぼけていたのもあって「何だその仕事?」と思っていたし、フォロワーさんはどちらかというと同日に行われていた大阪のヤンファイイベと、名古屋のゆとりイベに沸き立っていたので私もそっちの方に意識を取られていたのもありました。

でもふたを開けたら、まさか2人が72時間テレビの企画にお呼ばれされてたなんてね!!!!

 

世間では少し前までジャニーズだった3人がSNSを開始したことに色々意見が飛び交っているけど、個人的にはやめてから間もないのに非ジャニの男性グループと普通に共演しちゃう方が驚きだった!!!!

早くない????もういいの!?と思ったし、でもジャニーズやめてるもんなあ…もう形としてはボイメンとの事務所的なしがらみもないし…。すごいことすぎてよくわからねえ……。

いや本当にボイメンオタクとしてはただただ光栄です。ツイッターにはあがっていないけどアメ限の記事で2人がつよぽんだけじゃなくて、吾郎くんや慎吾くんとも撮った写真あげてるけど正直情報量がすごすぎてよくわからないです。世界スゴイな…。というかさっきのつよぽんとの3ショット、サラッと肩に腕回してウィンクするつっちーの謎度胸すごいな。めちゃくちゃ笑った。

でこれって本当に光栄なことだし、3人の新しい活動の門出である番組に少しでも出させていただいたのはめちゃくちゃありがたいんだけど、ほんのり複雑な気持ちもあります。該当担じゃないところを見ると本当に3人はジャニーズじゃなくなっちゃったんだなあと思います。だって事務所にいたらこんな3ショットありえないわけだし……。ボイメンのオタクとしから語れることではないけど。

 

それでジャニーズとSNSについて色々議論は飛び交っているけど、私基本賛成派なんですね。積極的にSNSをやってほしいとは思わないけどやったとしてもそんなにショック受けないだろうし。でも個人的には彼らの仕事を宣伝・消費するツールとしてもっとネットを活用してほしいと思っています。

例えばネットニュースに写真掲載OKにするとか、メンバーはツイートせずスタッフさんがただただ番組・雑誌出演情報を告知してくれるだけのツイッター垢とか、itunesで楽曲が購入できるようになるとか、youtubeにMVあげてほしいとか。そういう方面でのネット展開は今すぐにでも解禁してほしい。やっぱりインターネット上で合法的にシェアする手段は今の時代さすがに欲しいなって思います。言ってしまえばSNS上で彼らのビジュアルなり楽曲なりをシェアしようと思ったら全部グレーな手段使わないと無理ですからね。(グレーどころかブラックに突入してたりもするけど) もっと背徳感なしにシェアしたい…というのはあります。どちらにしろオタクがSNS上でシェアしようとするのを止めることってもはや不可能ですから。だったらオタクがルール破る前に公式がネットで配信してしまえばいいんじゃないのっていうところはあります。

まあネットの宣伝を一切活用しなくても隆盛を保っていられるからこの事務所は化け物じみたところだと思わずにはいられないんですけど…。

 

何かふわっとした着地になってしまったので最後に宣伝。

12月20日に発売されるBOYS AND MENアルバム「友ありて」よろしくお願いします!!!!!

その中の1曲であるピンクレディーの「UFO」をカバーしたMVがだいぶトンチキな作りになっていて、昭和の大名曲のカバーで場末のスナックコントをかます暴挙(メンバーの半分は女装)に出ているの本当に面白いから良かったら見ていってください!もし興味持ってくださった方がいれば私がCD配りたい。余らせてるのいくつかあるし今回のアルバムも余らせるので本当に配りたい。よろしくお願いします!!!!


BOYS AND MEN - 「UFO」MV (short ver.)

 

ちなみにアルバムタイトル名にもなっている「友ありて」という曲は阿久悠さんの未発表の詩に都倉俊一さんが曲をつけたというとんでもない曲になっているので*1、結構彼らすごいんです……元々都倉さんには知られていたらしいボイメン…すごい…光栄な出来事多すぎない…?

*1:UFOをカバーするのもそのご縁

きっと補色を求めている

one-time.hatenablog.com

 

この方のブログを読んで私も触発されたので色について書いてみることにします。まろさんのブログは言葉遣いが綺麗だし、記事のタイトルの時点で文才がほとばしっていて毎回素敵だなあと感じます。

 

私に会ったことある方は分かると思うんですが(といってもジャニ関連でオフ会は1回しかしてないので無駄な前置き)、とにかくが好きです。特に青が強めの水色、セルリアンブルーが好きです。だから身の回りの物は大体青。カバン、リュックサック、スマホのカバー、ウォークマン、イヤホン、文房具といった必需品から(前は財布も青だった)、服装とか靴なんかも青系統がすごく多いです。本当に青が大好きすぎて、青以外の色を身に着けていると自分じゃない気がするくらいの筋金入りです。

だからジャムコンに行くときもフォロワーさんに「丸山担ですけど、めちゃくちゃ安田担みたいな格好してます」って言ったし、何にも知らない人からは安田担だと思われていたと思います。BOYS AND MENの現場にも時々顔を出すんですが、そこでオフをしたときには「田村*1推しかと思った」と言われました。

 

それだけ青をこよなく愛する私なんですが、好きになる人のメンバーカラーというと赤、黄色、オレンジの暖色系ばかりです。

マルちゃんはオレンジだし、最近私の中で大ブームなボイメンで私が推している小林豊くん辻本達規くん*2は黄緑と赤です。

f:id:tonton8crouton:20170927110222j:plain

 

めちゃくちゃ可愛いね!!!

この流れでちょっとだけ紹介させてほしいんですが、ボイメンをテレビで見たときに「何かヤバイ奴がいる…」と思ったら大体この2人のどっちかだから分かりやすいよ!よろしくね!女子ドルにだって負けない全力ぶりっこのゆーちゃむ(28歳グループ最年長)と、声がデカすぎ前に出すぎすぐ脱ぎすぎなつじちゃんはバラエティでのインパクトが抜群だ!

ガッチガチにキャラメイクして正統派アイドル路線を爆走するゆーちゃむと、うるさい筋肉体育会系キャラと実は物静かな読書好きのギャップがあるつじちゃんを推すのマジでそういうところの趣味が一貫してる感あって自分でも笑っちゃうところある。

2人の絡みでいえば、腕力では圧倒的につじちゃんの方が強いのに(筋トレが趣味な人とお菓子作りが趣味の人の組み合わせなので…)、年上で気が強くて口が達者なゆーちゃむには逆らえない雰囲気を出している様はさながら姉弟のようで可愛い!

f:id:tonton8crouton:20170927113818j:plain

f:id:tonton8crouton:20170927113813j:plain

 

推し推しの北海道二人旅は最高だったね……良質な姉弟萌えムービーだった…。

 

何の記事なんだこれはというくらい話が脱線しましたが。

それでジャニの中で担当グループではないけれど好印象(何となく好きレベルですが…)を持っている人はいて、それがJUMPの有岡くんだったり、えびの塚ちゃんだったり、WESTの重岡くん淳太くんだったりするんですが、まあ狙ったわけでもないのに見事に暖色系っていうね…。

私がそういうメンカラ暖色系の人を好きになってしまう理由は自分でも分かっていて、基本的に元気な人が好きなんですよね。バラエティに出ると真っ先に目立つような人。ガチャガチャ騒ぎ出すタイプ。澄ました顔もいいけれど明るい笑顔が1番魅力的に思えるような。マルちゃんに関してはパフォーマンス中のクールな顔が良いとも言われるけれど、私は笑ってるマルちゃんが1番好きです。マルちゃんの笑顔は見ていて幸せになるよね。

メンバーカラーといってもグループで色々あって、同じ赤でも元気な人もいれば大人しい人もいるだろうし、青でもパッと見クール系の人もいれば元気な人もいると思う。だけど私が好むバラエティでの特攻隊長的な人だったり、みんなからイジられるような人にメンバーカラー青は振り分けないですよね。私の経験上そういう人が青だったことはないです。やっぱりこういうタイプには赤とかオレンジとか黄色とか周囲を明るく照らす太陽をイメージさせる色がよく似合う。

あと私暖色系が本当に似合わなくて、特に赤とかオレンジをファッションに取り入れることに対する苦手意識が強いので、そういう意味で暖色系が似合う人への憧れもあるのかもしれません。何となく赤とかオレンジって顔立ちハッキリした人が似合いそうなイメージだし!私がやるとマジで色に顔が負ける……。

でもジャニ見てるとメンカラ青ってグループごとにメンバーのキャラクターに幅がある印象なので、いつか私好みの青色の人が出てくるんじゃないかという淡い期待があるんですが…。(逆に紫の紫感はすごいよね) 

 

そんなことを言っていたらあるときフォロワーの1人に「きっと自分が青だから補色を求めてるんだよ」と言われて、その発想にめっちゃ目からウロコが落ちました。

そういえば赤も黄色もオレンジも青の補色だったりその近辺の色だなあと。私がパッと見騒がしい人の物静かな面を見せられるとサクッと落ちてしまうのは、私自身が人見知りゆえに最初は大人しいんだけどどんどん騒がしくなるタイプだからだし、目鼻立ちがくっきりした濃いめの大人っぽい顔が好きなのは、私が目鼻立ちのぼんやりした子供っぽい顔をしているからで、そういう自分にない反対側を求めがちなのが色にも表れているんだ!と思ったし、そんな私の好みの追求が「補色を求めている」という表現に表れている気がしました。なぜか青の人を好きにならなかった理由もこの一言で全部腑に落ちました。

自分の周りを青に染めているからこそ、きっと補色を身に着けている人により眩さを感じてしまうのかもしれないなと思いました。

 

最初から明確なオチがないような記事なのでふわっと終わります。でもタイトルにした補色を求めていると言われたことが私にとってすごく印象的だったので書いちゃいました。おしまい。

*1:田村侑久くん。メンバーカラーが青

*2:ボイメンだとグループで2人3人推しメンがいるのはよくある

渋谷すばるさんハッピーバースデー&関ジャニ∞全国デビュー13周年!

またまた1日遅刻しましたが…

すばるくん36回目の誕生日おめでとうございます!!!

そして関ジャニ∞全国デビュー13周年もおめでとうございます!!!

エイトが全国デビュー13周年は素直におめでとうという感じですが、すばるくん36歳は「えっ36歳…?30代後半…?」と思ってしまいます。横山くんのときもそうだったけれど…。

以下書きますが、ちょっとネガティブなところから書き始めるので不快に思った方がいたらすみません。

 

すばるくんといえば、正直最初は苦手でした。第一印象が…というわけではなく、グループを好きになったときもどこか苦手感がありました。別にずっと苦手だと思っていたわけではなくて、好きだと思っているときの方がもちろん長いんですけど、ふとした発言を聞いて「言い方キツくない…!?」とか思うときがあって。アウトローな発言も割とするタイプだったし。もちろんファンはそういう危うさとかアイドルとして生き下手な感じも含めて好きだったんだと思うんですけど…。

そんなことをずっと思っていたんですが、数年経ったすばるくんは驚くほど印象が柔らかくなっていて、円盤を見ればファンサまでするようになっているし、実際ジャムコンでもファンサしていたし殺されたし、そんなすばるくんを見て正直天変地異の前触れ…!?と思いました。

だけどそういうすばるくんを見たときに「無愛想だったすばるくんがアイドルをするようになった!やった!」という気持ちも全くなかったわけじゃないんですけど、ずっとアイドルとしての自分と折り合いがつかなくて取扱い注意なガラスのような雰囲気があったすばるくんが、紆余曲折を経て(ここは古参の方が詳しいと思うんですが…)、今に至ったっていう道筋を含めて、というか苦難が多かった道筋があるからこそすごく素敵だなあ…と思いました。危うかった時代があったからこその今というか、今のすばるくんがこんな素敵に見えるのは私が苦手とさえ思っていた過去があったからだと思います。

私の方も出戻ってきたら考え方が気付けば柔らかくなっていたのもあって、今では以前のようなすばるくんに対する苦手感は全くないし、自分でも驚くほどに素直に「すばるくん好きー!!!!」って思えます。ほんとに好き。

 

ファン周りに関してもすばる担宗教ノリの人多いしていうかすばるくんの話になると該当担に限らずみんな宗教ノリでこわいよー…と思っていたんですが、そもそもすばるくんに1番近いメンバーがこじらせてる人ばかりなんだから、ファンがああいうノリになるのは自然なことじゃん!と出戻ってきて早々納得したこととかあります。

もちろん今すばる担で仲良くさせていただいてる方もいますし(そのうちの1人はボイメンきっかけで繋がったら実は相手がすばる担で…というパターンだった)、ファンに対する苦手感も以前と比べたら全くなくなりました。というか当たり前のことなんですけど「○○担だから好き(苦手)」じゃなくて結局その人次第だよなあくらいに今では思ってます。

 

何かハッピーバースデーの記事じゃなくて私のすばるくん&すばる担への苦手意識克服日記みたいになっちゃってすごくアレなんですけど…。でもこういう自分の心境の変化を書きとめておきたいなあと思ったところもあったのでこういう内容にしました。

 

もはや歌だけではなく曲作りでもブイブイ言わせるようになって、アイドルとしての強さみたいなのも身につけたすばるくんのこれからが本当に楽しみです!お体に気を付けてお仕事頑張ってください!

グダグダな文章になっちゃったけどおしまい。

ハッピーバースデー安田くん!

1日遅刻してしまいましたが……

安田章大さん33歳の誕生日おめでとうございます!!!!!

8月って過ぎるのが早くて「えっもうヤスくんの誕生日…?」という気分です。夏ももう終わりですね。

 

ヤスくんの印象は「知れば知るほどよくわからない人」で、その時々によって色んな表情を見せてくれるところにすごく魅力を感じます。ふわふわしていたり、かといえば突然男らしくなったり…。体感的にはミステリアスとも何か違う感じ。ミステリアスはマルちゃんだな…。

マルちゃんもヤスくんも掴みどころのないキャラクターをしていると思うんですが、これは丸山担だからそう思うのかもしれないんですけど、マルちゃんは見ていると「この人はよくわからない性格をしていることがわかった」という気持ちになるので分からないことに対して腑に落ちているところがあります。

でもヤスくんに対してはずっと分からないなあ…何なんだろう…と思って首を傾げ続けている感じ。本当に掴めない霧のような人だなあと思います。数か月前からジャニーズwebに登録しているんですけど、彼らだって人間だからその日によって文体が違うことは当然あるんだけど、ヤスくんの変わり具合は「この人二重人格なの…???」って思うレベルなので驚きます。絵文字連打してJKみたいな文章書いてるときと、絵文字控えめの男らしいシンプルな長文書いてるときとギャップがすごすぎて同一人物の文章とは思えない……。

 

あと私はすばるくんが歌っているときに何だか泣きそうな顔をして歌っていたり、この人ステージ降りた瞬間死んでしまうんじゃないか…と思わせるくらいの命削ってる感がすごく好きなんですけど、エイタメのときのバンドコーナーのヤスくんにはこれと同じことを感じて「ヤスくんもこんな表情して歌うんだ…」と心臓ガッチリつかまれた記憶があります。

私は観に行っていないのであまり書けることがないんですが俺節のときも、レポや痩せた姿のヤスくんを見てこちらが危うく思ってしまうくらい仕事に命を削っている人なんだなあ…と改めて尊敬の念を感じました。

こうやって仕事に対して強く没入していくタイプかと思えば自分のアイドルとしての姿勢だったり、音楽への向き合い方だったりはすごく冷静で俯瞰的に考えていて、どこを切り取っても色んな顔があって分からない人だと思います。でもそんな色んな顔を見せてくれるヤスくんだから、ずっとファンの心を掴んで離さないんだろうな。

 

全体的にふわっとした文章の記事になってしまったんですが、お体に気を付けてこれからどんどんブイブイ言わせていってほしいなあと思います!本当にこれからのヤスくんが楽しみすぎる!!!!

ジャムの東京公演(8/14)に行ってきました(ネタバレあり)

この記事にはジャムのネタバレがあります!回避したい方はブラウザバックしてください!

 

8月14日、運よくチケットを譲っていただけたので東京公演に参戦してきました。

その感想を自分なりにまとめていこうと思うんですが、私はこれが最初で最後の公演だったので記憶がかなり曖昧だし、ドームを出た後リアルに「やばーい!!!めっちゃ楽しかった!!!(何も覚えていない)」状態になったので正確なレポが読みたい方は他の方のブログを参照した方がいいと思います。

本当にこういうコンサートの感想をブログにアップしている方はすごいなあと思います。何かよくわかんないけどとにかく楽しかった!という記憶だけしかないのでコンサートレポというより当日の日記みたいな感じです。

 

ちょっと前置きになってしまうんですがコンサートが始まる前までのことなど。

オタクって予定を詰め込みすぎる傾向があると思うんですが、フォロワーさんとの待ち合わせ時間が午後で昼までフリーだったので赤坂でやっていたボイメンのミニライブを見に行くことにしました。

野外ステージで雨なのにカッパを忘れて「これ東京ドームに着くまでにズブ濡れになるかも…?」と心配になったんですが彼らがパフォーマンスをやる頃には雨が止んでいてそこまでズブ濡れにならなくて良かったです。ただメイクのりとか髪の死に具合とかコイツ一雨降られてきたな…感は隠せませんでしたけど!

 

そしてフォロワーさんと合流して取引相手をランチしながら待っていました。そのフォロワーさんのことを文章の雰囲気的にふわっとした優しい感じの人じゃないかと予想していたんですが、実際お会いしたらすごくテキパキした感じのめちゃくちゃ綺麗なお姉さんで正直緊張しました!(「文章の感じと印象違いますね~!」って言おうとして緊張して言えなかったのでここで書いちゃいました)

チケットが手元に来るまでは最悪の事態ばかり考えてしまって開演までのソワソワ感と不安感で変な気持ちになっていたんですが、最悪の事態が起きるどころかめちゃくちゃ気さくで良い人たちだったので開演するまで雑談をしていたくらいでした。しかも1階スタンドの後列で、天井席を想像していた私としたら想像よりずっと良い席だったのも良かったです。まあ大体野鳥の会状態でしたけど!双眼鏡に集中しすぎて周りが「キャーーー!!!」ってなっても「何何??何が起こったの??」ってなることもありました。

 

私は人ごみとかにぎやかな場所があまり得意じゃなくて見ただけで精神的に疲れるくらいなんですが、東京ドームは別ですね!一歩踏み入れた瞬間から外界から隔離された異世界のような感じがするし、私もみんなもエイトが出てくるのを今か今かとソワソワしながら心待ちにしている雰囲気とか、とにかく待っているときも心地いい空間で何度でもあのソワソワ感は体感したい!次こそは2公演は入りたいなあ。

 

それでここからが肝心の本編なんですが、ここは私が家に帰って速攻メモ帳に殴り書きした箇条書きの感想をコピペします。語彙力は0ですが臨場感だけは伝われば!!何か1曲丸ごと記憶が抜けている曲とか結構あるので…そこはすみません…。あと時系列もぐちゃぐちゃかも…。

 

・登場がヤバいクッソ沸いた
すばるくんの「愛してるよ」死んだ
・どこの曲か忘れたけどヤスくんめっちゃ瞳孔開いてたのヤバい無理
・マルちゃんのベースソロめっちゃ"""抱かれてる"""感
・侍唄のりょんちゃんソロがめっちゃ声甘くて「こりゃ爆モテ!!!最高で最強のアイドル!!」ってめっちゃしみじみ思った
・MCが爆裂面白い
・マルちゃんがMCで座ってってなってもなかなか座らない人に対して小学校の先生みたいに注意してたのがマジでヤバい無理
・その後なんかウィンクしてた死ぬ
・TLでananの横山くんイジリ半端ないって聞いたけど、まさか実際にanan読みだすとは思わなかった
・マジで道端に落ちてるエロ本をみんなで読んでるみたいな光景なんだよな
山田 anan 再現 死(マルちゃん、ヤスくんにデコチューしてた死)

・すぐに女役やろうとするヤスくん…。
・MC全体的に死ぬほど面白かったしめちゃくちゃ笑ったけど山田のanan再現しか覚えてない
・ちびっこもいるのに構わず下ネタぶちかますすばるくんヤバすぎて笑う
・すばるくん「ヨコの乳首ビンビン」「これ飛び出す絵本やったらヤバい!!!!!」
・山田の「俺を支配するなーーーー!!!」キュートすぎ 可愛い 妖精さん
・JAM LADYはやばい
・大倉の「エロテロリスト」やばい
・やばいけどあそこの歓声でマルちゃんソロの歌いだしがかき消される悲しい現象
・マルちゃんソロやばい
抱かれた
・answerわりかし無理
・メインモニターに三馬鹿の若い頃の写真のスライドショー流すの卑怯でしょ
・すぐ「エモい」って言葉に逃げがちだけど、さすがにこれはエモ
・何かもう色々しんどすぎてanswer基本呆然としてた
WASABIマジめちゃくちゃカッコいい燃えた
そりそりーーーーーーーーーーー!!!!神かーーーー!!!そりそり来る?神じゃない?ヤバい
・えげつないがマジでえげつない
・振りの可愛さがえげつない 冒頭のオタ芸も可愛かったしなんか終盤のももクロがやってそうな振りも可愛すぎてマジでやばい
・えげつない
・悪口フリースタイルラップ良さしかなかった
・噛んじゃう大倉とそれをツッコむヤスくん
・めっちゃ泣き顔な表情してるすばるくんとガキ大将みたいな顔してる横山くん
・生の「言いたいことがあるなら何か言うてみい丸山ァァァ!!!!」最高
・このあとのほほえみめっちゃ可愛いことしてなかった?(うろ覚え)
・前向きスクリーム、生で聞くとC&Rがかなり楽しい
純情恋花火イエエエエエエエイ!!!!!!!!!!
・何か出てくるときにマルちゃんの浴衣が脚の方めっちゃはだけてて、マルちゃんの美脚大サービス祭りでめっちゃガン見した
・マルちゃんマジで美脚 上半身ぷにっとめなのに脚が細すぎる
・山田の「好きです 好きなんです」 マジでこのために生きてたんだなあ…という思ったまである
・ズッコケのC&R死ぬほど楽しい

・マルちゃんが退場するときに投げチューしてて死んだ。

 

あれだけ濃密な公演で感想これだけ!!!!!本当に記憶力がポンコツすぎる…。

ちょっと話はそれるんですが、冒頭で「ボイメンのミニライブを見てきた」と書いたんですが、彼らのライブって肉眼全然余裕なんですね。この肉眼余裕っていうのは双眼鏡もモニターもなしに表情まで分かるっていうレベルの距離なんですけど。だから後半のダンス曲あたりで双眼鏡を必死に覗き込んで自担を追っている自分に強烈に虚しさを感じて全身の力が抜けそうになったときがありました。

何というか私はこういう現場で「やっぱりこの人たち生きてるんだ!同じ空間にいる!」っていうのを実感しに来ているところもあるんだけど、ボイメンの現場ですっかりその距離感を狂わされたのでそのあたりが全然満たされなかった。

 

だけど何か説明はつかないんですけど、会場で出るときには「あ~~~この人たちやっぱ好きだわ!来年も絶対来よう~!!」ってポジティブな気持ちになっていました。情緒不安定かよ。

虚しくなったのはマジの話なんですけど、同じ空間にいたのに物理的に距離を感じてしまったとしても、やっぱりエイトが好きだしエイトのつくるものが好きだしそれを同じ空間で生で受け取れたこととか、久々に行った東京ドームの雰囲気とか、全部全部楽しかったです。

あとお手振り曲で客席に高速でファンサしているマルちゃんの「うわあやっぱり本当に王子様っているんだな…」感とか、生で聞くと本当に甘くて綺麗で良い歌声してる…って頭がとろけてくる感じとか、やっぱ自担サイコーーーーー!!!って思いました!!マルちゃんほんとファンサが職人芸すぎて自分にやってもらえなくても見てるだけで超楽しい…野鳥の会が捗った…。

 

途中ネガティブな感じにもなったんですけど心からジャム行けて良かったと思います!

これも「一緒に行きません?」って誘ってくれたフォロワーさん、そしてチケットを譲ってくれた方(本当に明るくて良い人たちだった!)のおかげだし、こういう人の縁やご厚意に触れられる経験って本当に良いなあと思いました。本当にありがとうございました!

あとこれは別れ際にフォロワーさんと話していたことですが

早く円盤出てくれ~~~~~~~~~~~~!!!!!

残る公演もメンバーみんなが元気で何事もなく終わりますように!!!

最高の夏になりそうです

前の更新から少し日が空きましたが、別に日常生活がものすごく忙しかったというわけではなく、体調を崩していたわけでもありません。ずっと元気していました。

 

それで突然の報告なんですけど、

私、ジャムの東京公演行けることになりそうです…!!!!

といっても全ては「東京公演のチケット2連で探しているんですけど、もし譲ってもらえたら一緒に行きませんか?」と誘ってくれたフォロワーさんのおかげで、私はそのご好意と奇跡的な運に便乗させてもらっているだけなので本当に何と感謝をしていいのか…!!!本当にありがとうございます………。

こんな身でこういうこと言うのはおこがましいのは重々承知なんですが、あまりにも行けるという実感がなさすぎて特に変わらない日常生活を送っています。あと4日後にはドームにいるなんて信じられない!!!

 

といっても私はセンスも手先の器用さも絶望的に持ち合わせていないので自作うちわ作りとかしないし(できる人がめちゃくちゃ羨ましい…!)、遠征でもないのであまり準備することもないんですよね。

でも双眼鏡は引っ張り出さないとなあ。その双眼鏡は私が人生で初めて行ったコンサートであるJBコンの東京公演に備えて買ったもので、ジャニから離れていた時期には全く使うことがなかったのでどこにしまったか思い出せないレベルなんですけど、またエイトのために使うことになるとは…!

ちなみにジャニから離れていたときは舞台観劇によく行っていた時期があったんですが、何も考えていなかったのでこのドーム用に買った双眼鏡持っていって「使いづら!!!!」となった経験があります。周りからは「当たり前だろ!!!」ってツッコまれました。もちろんその後舞台用のオペラグラスを買い直しました。

 

あと最大の問題と言えば、圧倒的な金のなさで、といってもせっかくのコンサートでケチりたくはないので何とか調整しています。何で金がないかって言ったらお察しの通りですが、こんな素晴らしいご縁があるとは思っていなかったので、計画性のない私はとりあえず使える金はボイメンに使ってしまえー!!!と散財しまくったからです。彼らの現場ってまず単価が圧倒的に安いし(ライブのチケットで2000円前後、観覧無料ライブとか普通にある)、CDをリリースするとなったら毎日のようにリリイベ*1をぶちこんでくるので、「ボイメンは名古屋拠点のグループだから全然東京来てくれない…」とかいいつつ半月で3回はボイメンに会いました。めちゃくちゃ来てくれてる。

 

オタク界隈では「買うは一時の後悔、買わぬは一生の後悔」という名言中の名言がありますが、8月に入ってすぐ私はボイメンのCDを買い足すかやめておくかめちゃくちゃ迷っていました。それがまあ…特典付きだったんですけどそれの購入締切が8月3日いっぱいだったんです。

その時既にジャムコンのお誘いが来ていたんですが、取引相手からまだ返事がもらえていないとのことだったので、行けるか行けないかはわからず。もし行けるなら少しでもジャムに備えてお金を貯めておきたいし、行けないならCDを買い足して少しでも彼らの力になりたい、どっちにしようかめちゃくちゃ迷いました。

その時に買うは~の名言がよぎったんですが、結局買い足すのは諦めました。よく考えたらジャムが行けなかったとしても今月観に行きたい映画いっぱいあるし、友達との予定もあるし。ボイメンのみんなだって他のあらゆる予定を犠牲にしてまで自分たちに貢げ!なんて思ってないよね…と言い聞かせて。

そしたらその数日後に「チケット譲ってもらえました!!!」と連絡が来たので、あの時無理して買い足さなくてよかった…!と思いました。よく頑張った私の理性。これだけ金ないって言ってるのにジャムコン行く気満々の時点で何が理性だって感じするけど、ジャムコンは完全にとりあえず行く、金の工面は行った後で考える案件なのでいいんです!!!!

 

 

途中めっちゃ話がそれましたが、私はとにかく青色が好きで身の周りのものから服までとにかく青色のものが多いので、当日めっちゃ安田担過激派みたいな服装してる丸山担がいたら私です!!!!4日後が本当に楽しみ!!!!フォロワーさんに会えるのも楽しみ!!!!

私最近はボイメンの女やってたので、エイトの女*2になるよう気持ちを準備していかないと!

 

*1:リリースイベントの略、今回は握手会やってました

*2:LDHやボイメン界隈で○○のファン・○○推しを○○の女と呼ぶのが流行っているんだけど、私はその呼び方がとても好きです

人生初のアイドルの握手会に行ってきました

 

tonton8crouton.hatenablog.com

tonton8crouton.hatenablog.com

 

前の記事から日数が空いちゃったけど、握手会編です。いつも以上に文章がぐちゃぐちゃなのは許して。

タイトルには人生初と書いたけど、私自身俳優さんの握手会には数回行ったことがあって(「アイドルの」握手会が初なのは嘘じゃないよ!)、初めて握手会行ったときは未知のイベントに「もう無理帰りたい…無理…」ってなったのを、フォロワーに「行くんでしょ!!!」とぐずる子どものごとく引きずられた記憶があります。

でも最後に握手会に行ったのも1年半前くらいだし、ほぼほぼ初めてみたいな気持ちで行きました。それと今回は1人だから「帰りたい…」って言っても引き留めてくれる人いないので、大人しく列に並んでました。

 

 私は2枚分のCDを予約したので握手券も2枚分でした。

f:id:tonton8crouton:20170722122720j:plain

 

これがツイッターでよく見る握手会参加券…!!!!と興奮しつつ、ああこれから死にに行くんだなあ…という気持ちでいっぱいでした。

ちなみに人選はゆーちゃむについては散々書いたから割愛しますが、田中俊介くんは実はこの人こそこの日ボイメンの現場に来ようと決意させたきっかけの人で、というのもダブルミンツという映画が超面白かったからです。

映画「ダブルミンツ」|2017年6月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

詳しくはまた割愛しちゃうけど、本当超面白いし公開されたのは6月頭なんですけど今もじわじわ上映する映画館を増やしているので、洋画のブロマンスとか好きな人は絶対観に行ってほしいです。原作はBL漫画ですが、それで避けるのは超もったいない作品。

公式の宣伝で「マイ・プライベート・アイダホ」とか「ブエノスアイレス」の系譜の映画だと書いてあったんですけど、私は両方とも見たことがないんですが、確かに同性愛要素のある重厚な洋画みたいで男性でも見やすいと思いました。(少なかったけど男性のお一人様もいた) 私はドラマのハンニバルみたいだなあと思いながら見てました。

なので私のボイメンへの入り口はゆーちゃむで存在を知り、田中俊介くんでダメ押しって感じです。

 

話はそれましたが!

ライブ終演後に握手会だったんですが、始まって10分20分くらいは列が大混乱で誰の列に並んでいるのか、そもそも自分が並んでいるのか並んでないのかすら分からないぐちゃぐちゃっぷりでした。周りも混乱してた。

だけど待っている間も結構楽しくて。待っている人の頭のすき間から対応しているところが見えるんですけど、みんなずーーーーーーーーーっと笑顔でビックリした。この殺人的な暑さの中、さっきまで暑そうな学ラン姿で歌って踊ってたのに…!?その直後に見るだけでクラクラするくらいの大人数をずっと笑顔でさばいてるのがもう本当にすごいなって…。

 

この時はゆーちゃむが異常に人気で(いつもこうなのかな?)、列も他のメンバーと比べると全然進まなくて「これゆーちゃむと握手し終わったらもうイベント終わっているのでは…?」とか「先タナシュンさん行った方が早く帰れるかな?」とか思ったんですけど、どうしても1番最初の握手はゆーちゃむがいい!!!!と決意していたので、ひたすら待っていました。

 

そしてついに自分の番が。

これもう本当思いだすだけで頭がクラクラしてきて吐きそうになるし、悶え死にそうになるんですけど、

ゆーちゃむがあまりにもテレビで見たまんまのキラキラ笑顔のド級に可愛いゆーちゃむだった……。

ほんとにオーラが違う…オーラが普通の人間じゃない…。

それで「鎧武見たときからずっと会いたいと思ってたんです!」って言ったら「え~~!!ありがとう~!!!(超キラキラ)(語尾に星飛んでる)」し、し、死んだ………。

長いのか短いのかよくわからなかった10秒間の中で今でも強烈に記憶にあるのが

「また来てや~~!(キラキラ)」

です。「また来てね」でも「また来てな」でもなく「また来てや」!!!!!私はこの世にある言語の中で関西弁が最も好きなくらい重度の関西弁フェチなんですけど(関西弁への愛だけで一本記事書ける)、ずっと会いたいと思ってた人から関西弁で喋ってもらえたっていうのが何かもうすごく嬉しくて…本当心の底からゆーちゃむを生で見れてこんな至近距離で握手して話すことができて、関西弁も聞いちゃったし、帰りに駅で誰かから線路に突き落とされて死んでも文句言わない…って思いました。

あともう何か…本当に生きててくれてよかった…実在してくれてよかった…。何かもうゆーちゃむが生きてることが1番尊かった…。ゆーちゃむのステージ上ではいつでもどこでもキャラを徹底するところとか、あの可愛いの中にはものすごい努力とこだわりとプライドが詰まってるんだろうなと思わされるところとかめちゃくちゃ大好きで…こんな素敵な人が本当に存在してくれて地球に感謝……。

 

何かもうここでピーク迎えちゃってる感出てるけど、まだタナシュンさんの分が残ってるから…ヤバイ…。

タナシュンさんの方はゆーちゃむと比べるとかなりスムーズでした。時間も経って私も周りも並び方が大体把握できたのと、早い人はもう握手券全部消化して帰ったんだろうなあという感じで。

でもまだ気持ち的には推しが決まっていない上に、根っからの浮気性なので、列に並んでる間ずっと辻本さんの方をガン見してました…

だって二の腕が最高だったんだよ!!!!!!何が最高ってあの引き締まった二の腕に時折うっすら浮かぶ血管がめちゃくちゃ極上だった…そうその人の列に並ばなくても二の腕に浮かぶ血管が見えるくらい近いです…。

しかもステージ上にいるときは段ボールいっぱいにのど飴詰めて送りたいくらいに声がデカいうるさいキャラなのに、握手会の対応見てると割と落ち着いた感じだし、落ち着いてると普通に王子様フェイスすぎて私ここに並んだら絶対恋に落ちて帰ってくる…と思うくらいです。ていうかうるさいくらい元気な人に落ち着いたトーンで話されてみんな恋に落ちないんですか!?

 

というかよそのメンバー見れるくらいメンバー同士の位置が近いんですよ!だから待ってる間私の視界には水野さんとタナシュンさんと辻ちゃんとゆーちゃむがいて、イケメンの"""""圧""""""が強すぎて焼き殺されそうだった。20年ちょっと生きてきて自分の視界の中にこんないっぱいイケメン入れたことがない。しかもほんとに近い。とんでもない体験だった…。しかもこれ、チケ代+CD2枚という代金で体験できた。どう考えても価格崩壊してんだろ。

 

ゆーちゃむでエキサイティングしすぎたので、タナシュンさんのときは結構落ち着いて(当社比)話せたと思います。タナシュンさん見てたら、かがんで話してる人の目線に合わせてくれてるところがめっちゃ王子様だ…と思ったし、私にも目線合わせてくれた…。

あと!タナシュンさんパッと見坊主だし一重の切れ長の目も相まってすごいコワモテなんですよ!ダブルミンツで見たときも話も役柄も物騒だったので本人もクール系のキャラかなあと思っていて。でも「白銀のギャップ野郎」の通称は伊達じゃない。間近で見ると、笑った顔がめちゃくちゃニャンちゅうなんですよね!!!!

f:id:tonton8crouton:20170723133831j:plain

「この人絶対ニャンちゅうの生まれ変わりだ!!!!!!」と思った。めっちゃニャンちゅう。ネットで見たときも笑顔がニャンちゅうすぎたけど間近で見るとマジでニャンちゅうだった。しかもくっきりえくぼが可愛い…えくぼは恋の落とし穴…。

会話内容もう詳しく覚えてないんですけど、とにかくダブルミンツを見てボイメンのライブに来ました!!」ということはちゃんと伝えられました。その後にめっちゃタナシュンさんが少年っぽい顔で「映画どうだった?」って聞いてきたので、もちろん「めっっっっっちゃ面白かったです!!!!!」って答えたし、映画について感想聞いてくれたときの顔が可愛くて…もう1回観に行かなきゃ…という気持ちになった。

そしたらこのイベント後にタナシュンさんがブログをあげていて

ameblo.jp

ダブルミンツを見てくださった方、ダブルミンツの原作ファンの方が昨日のLIVEにたくさん来てくれました。でら嬉しかった。本当にありがとう。

と書いていて、自分がこのダブルミンツきっかけで来た客の1人として映っていたんだ…と思うと胸が熱くなりました…。すごい…何もかもすごい…。

 

正直言って、この夏どうやって過ごそうかなと思ってたんですよ!はてなブログでも続々とジャム公演の感想が上がるし、ツイッターもそうだし、みんな絶賛していて本当に楽しそうだし…。でもみんな楽しんでるけど自分は行けないなあって。ただただ出戻り時期が悪かった自分のせいだし、自分を責めるしかないけど、でも「今年はダメだから来年は絶対行く~!!行ってくる人は楽しんでね!」って100%割り切れるわけでもなくて。やっぱり悶々としてるところはあったので、今年の夏マジで病むんじゃないかと思いました。

でも軽率にボイメンの現場に行くことに決めて、自分にも行ける現場がある!ってことにすごい救われたし、元々フォロワーだったボイメンファンの人にも色々教えてもらったりして楽しいし、ライブも握手会も最高の経験だったから本当に気持ちが前向きになりました。

もちろんジャムの方も、フォロワーさんから譲渡の情報とか教えてもらったりして…!正直9割くらい諦めていたんですけど、まだ公演まで日数があるのでチケット探し諦めずに最後まで頑張りたいと思います!!

 

それと、明日のボイメンの汐留ライブ楽しみだな~~~~~~~~~~!!!!

たむたむも退院できたみたいで本当に良かった!!!!